アーツコミュニケーション

HOME > アーツコミュニケーション > アーツセラピーのアプローチ法

アーツコミュニケーション

アーツセラピーのアプローチ法


アートを用いたアプローチ

テーマやあるイメージをもとに絵を描いたり、手が赴くままに自由に線を描いたり色を塗ったりします。
また、雑誌やパンフレットなどから、気に入った写真や絵を自由に選んで切り抜き、貼っていただくコラージュという方法もあります。
粘土、積み木、その他、さまざまな材料で自由に立体作品を作ったりと、画材の種類も多岐にわかるので、提供方法は無限です。


音楽を用いたアプローチ

楽器に触れて音の引きを楽しんだり、声を出したり、歌を歌ったりします。即興的なものから楽曲的なものを扱ったりとさまざまです。音楽を用いてイメージを刺激していく方法もあります。


ドラマを用いたアプローチ

ドラマをとおして演じることで、普段は表現しないような自分になれたり、役割を体験したりします。即興的に演じる場合、セリフや脚本がある場合、などさまざま。俳優に、クライアント自身の気がかりなシチュエーションや人生を演じてもらい、自らが見るという方法もあります。


ダンスを用いたアプローチ

身体が赴くままに自由に動いてみたり、何かになってみて様々な表現を楽しんだり、音楽に合わせて動いたり、踊ったりと、身体を介した表現を扱うセラピーです。


統合的なアプローチ

その他、様々なジャンルの手法を用いてアプローチしていきます。


このページのトップへ