カテゴリ

HOME > ACLブログ > ワークショップ > ケアする人のケアのためのアートセラピー 8月24日(土)11:00-13:00

ACLブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

ケアする人のケアのためのアートセラピー 8月24日(土)11:00-13:00

ケアする人のケアのためのアートセラピーとは



アートセラピストの藤井 蕗(ふじい ふき)さんが提供するワークショップです。
保育、療育、教育、医療、福祉などの療育、また子育てや介護など、
様々な領域で「ケア」に携わっている方を対象としたワークショップです。

 


ケアする人のケアのためのアートセラピー

保育、療育、教育、医療、福祉などの療育、
また子育てや介護など、
様々な領域で「ケア」に携わっている人たちと、

アートを通して「ケア」にまつわる感情や
思いを共有できるワークショップにしたいと考えています。
 
普段「ケア」を通して自分自身に湧き上がってくる感情や思い、
また自分自身も気づかなかったものをワークショップを通して知り、
メンバーと共有することで、
癒され、エネルギーを得られるワークショップにしたいです。
ぜひご参加ください。




■講師紹介
 
藤井 蕗(ふじい ふき)
アートセラピスト 藤井蕗
アートセラピスト

1995年京都教育大学卒業。海外で障がい児・者の支援に携わった後、英国でアートセラピーを学ぶ。2004年ハートフォードシャー大学大学院
アートセラピー科修了。帰国後、医療法人にて発達障がい児、緩和ケア、精神科の領域でアートセラピーを実践。二男が18トリソミーという難病を抱えて生まれてきたことがきっかけで退職。二男が亡くなった後、学校現場で特別なニーズを抱える子どもたちの支援に携わる。現在は、2020年春開園の医療的ケア児が通える小規模保育園設立のために準備を進めている。NPO法人i-care kids京都(https://i-carekids.com) 代表理事。



■概要
 
日時 2019年 8月24日(土) 11:00-13:00
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO
(〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
受講料金 3,000円
お申込み こちらのお申込みフォームよりお申込みください
主催 Touch-artsプロジェクト Webサイト:https://artsdekaeru.jimdo.com/
後援 神戸市
協賛 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 

※こちらのワークショップの詳細・お申込みに関するお問合せは直接主催者までお願いいたします。

 



■当法人発行のメールマガジン「ACL通信」ではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

いつでもどこでもできるセルフケア-大地とコネクトする- 8月24日(土)16:30-18:30

いつでもどこでもできるセルフケア~大地とコネクトする~とは



臨床ダンスムーブメントセラピストの原 キョウコ(はら きょうこ)先生が提供するワークショップです。

 


■いつでもどこでもできるセルフケアケア~大地とコネクトする~
 
人間は本来自然の一部であり大地の一部です。    
大きな自然からのエネルギーを微細に感じ、呼吸し、
動きになっていくプロセスを丁寧に具体的に体験します。 
イメージとエナジーと身体のコネクトです。



■講師紹介
 
原 キョウコ(はら きょうこ)
臨床ダンスムーブメントセラピスト
原キョウコダンスセラピーラボ」主宰/臨床ダンスムーブメントセラピスト/研修講師/時々シャーマン
 
俳優としての活動の後、ダンスに転じ、コンテンポラリーと舞踏、日本の身体技法を融合させ、「指輪ホテル」などの舞台や、ソロでのダンスパフォーマーとして活動。97年より「原キョウコダンスセラピーワークショップ」を主催。医療機関や企業等で、講師やスーパーバイザーとして2万人以上にわたる数多くのワークショップ、講義実績をもつ。また、セラピーとケアに携わる人材の育成、バーンアウト防止にも力を注ぐ。現在、都内の精神科クリニックでグループセッションを担当。
 
ブログ:ダンスセラピーラボ https://blog.goo.ne.jp/kyondance



■概要
 
日時 2019年 8月24日(土)16:30-18:30
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO
(〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
受講料金 3,000円
お申込み こちらのお申込みフォームよりお申込みください
主催 Touch-artsプロジェクト Webサイト:https://artsdekaeru.jimdo.com/
後援 神戸市
協賛 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 

※こちらのワークショップの詳細・お申込みに関するお問合せは直接主催者までお願いいたします。

 



■当法人発行のメールマガジン「ACL通信」ではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

【満席】アート・ダイアログ「子どもの絵と対話する」 9月7日(土)14:30-16:30

■アート・ダイアログとは



アーツ表現セラピストの森すみれ先生が提供するワークショップです。

アート・ダイアログとは
アート表現(非言語の方法)を通して、
ご自身と対話していく方法です。
 
意識的に言葉にはできていないけれど
どこか心の奥深くで何となくわかっていたり、
モヤモヤしていること、
直面するのを避けてしまいがちにしていること、
 
アート表現を用いることで、
今のあなたに必要なことが、
形を表してきます。
 
考えて表現するのではなく、
「考えずに表現」する
 
「その考えずに表現」されたものを、
じっくり感じたり、動かしたりしながら、
本当は、自分はどうしたいのか、
何が大切なのか、
どんなブロックがあるのか、
 
そんなこんなを
毎回、テーマを変えて、様々な角度から 
アートを用いた対話を試みていただきます。
 
アートを用いると言っても、
スキルなどは全く関係ありませんので、
お気軽にご参加ください。



■第8回「子どもの絵と対話する」
子どもの絵から 思いもよらないメッセージが届きます。


アート・ダイアログ
第8回は「子どもの絵と対話する」です。

子どもの描いた絵には、
心理状態や発達の目安などが表現されるなど
たくさんのメッセージが隠されています。
 
 
子どもの描いた絵を見てみると、
大人には真似できない
色使いや構図やタッチなど
思いもよらない表現の仕方があります。
 
 
 
今回のアート・ダイアログでは、
そんな、子どもの絵と対話をします。
 
 
子どもの絵からのメッセージは、
分析することだけでは、
本当のメッセージを受け取ることができません。
 
 
本当のメッセージを受け取るには、
 
 
子どもの絵と対話をし、
あなたが忘れていた、
子どもの頃の感覚を
思い出すことからはじまります。
 
 
そうすることで
大人の物差しで見るのではなく、
子どもの視点に立ってみることができるのです。
 
 
大人になるにつれて
忘れてしまっていた
子どもの頃の視点を取り戻し
子どもの絵と対話をすることで、
 
 
大人のあなたが気づくことができなかった、
子どもの絵からのメッセージに気付くことができるのです。
 
 
さて、子どもの視点になったあなたは、
描かれている、色や画材、描き方などをみて
どの様に感じるでしょうか。
 
どの様な対話が生まれてくるのでしょう。
 
 
同じ視点に立つことで、
大人のあなたには語られなかった
思いもよらないメッセージが届くことでしょう。
 
 
 
お子様が描いた絵と対話してみたい方
あなた自身が子どもの頃に描いた絵と対話してみたい方
子どもと関わるお仕事をなさっている方で、
子どもの描いた絵が気になっている方
 
 
当日は、お子様が描いた絵や、
あなたが子どもの頃に描いた絵をお持ちください。
発達障害のあるお子様の絵をお持ちいただくことも可能です。
 
 
お子さまの絵をお持ちいただいた方
ご自身が子どもの頃に描いた絵をお持ちいただいた方
 
 
それぞれの方に合わせて、
必要なことをお伝えいたします。


■講師紹介

森 すみれ
森すみれ アーツ表現セラピスト
一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ理事
アーツ表現セラピスト

震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、 子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を創設。
その後、専門学校等で講師として、色彩心理、カウンセリング、アートセラピーを教える。
2006年からは「アーツ・コミュニ ケーション・ラボ(研究所)」を立ち上げ、アーツセラピーの研究とその普及にも力を注ぐ。
声や音、身体を使った表現、メディテーション なども組み合わせ、 独自のメソッドで「自分の枠を超える場」としてのワークショップを提供している。
神戸を拠点に、講座やワークショップ、各地で宿泊型ワークショップなどを開催。

「アートな毎日」森すみれのブログ:https://musehouse.exblog.jp/
シャーマンズ・ジャーニー:https://www.shamans-journey.net/



■概要

日時 2019年 9月 7日(土) 14:30-16:30
会場

スタジオMusehuose

(兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A)

受講料金 6,480円(税込)
※初回割引:3,240円(税込) 
当法人企画のイベント、ワークショップ、講座への参加が全くはじめての方に限ります。 
お申込み (応募人数に達したため、募集を締め切らせていただきました。) 
主催 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 


■次回の詳細・募集のご案内は当法人発行のメールマガジン「ACL通信」から、いち早く情報をお届けいたします。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

【終了】コントラバスとアート(アーツ表現ワークショップ) 2019年7月27日(土)14:30-17:30

■アーツ表現ワークショップとは



アーツ表現セラピストの森すみれ先生が開発した独自のメソッドです。
分析的アートセラピーと表現アートセラピーの2つのアプローチの方法とスキルを取り入れています。
 

詳しくはこちらのWebサイトよりご覧ください。

 



■コントラバスとアート-アーツ表現ワークショップ-

コントラバスの音と
そこから生まれるアートを
遊んでみたいと思います。
 

何かを作り出そうという思考を外して、
音の振動、色の波長に委ねて、自分自身の内側と触れていったり、
そこから生まれてくる創造的なプロセスを体験していただきます。

 
お互いに行き来する感覚。
言語を超えた感覚を表現することで
やっと自分自身を理解することができることもあります。
 

音や色の世界に委ねて、
あなたの内側の感覚と向かい合い
戯れ、遊ぶことで、
その中から、創造的なものが生まれます。
 

それを、外側の世界に向けて、
命を吹き込み、飛び立たせていくプロセスを
ご一緒に進めて参ります。
 
自分と出会い、対話して、次に踏み出すプロセスです。
絵を描くこと、声を出すことお好きな方はもちろん、
絵を描くこと、声を出すことなどが苦手な方も
ぜひ、ご参加ください。

*こちらのワークショップでは、
 シルビア・ナカッチ氏が開発したヨガ・オブ・ボイスのメソッドを取り入れて提供いたします。
 ヨガ・オブ・ボイスについてはこちらのWebサイトをご参照ください。
 


■講師紹介

土田卓



音楽家

静岡県出身、桐朋学園大学に学ぶ。 現在はオーケストラや室内楽などの ほか独奏での活動も多く、異ジャン ルとの共演、コラボ多数。作、編曲 も手掛け、独自の世界観を創造する。 また、日本酒ナビゲーターでもあり、 酒縁をたどり全国各地で音楽とのマ リアージュを提供している。 

 



森すみれ

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ 理事
アーツ表現セラピスト
Vox Mundiスクール認定 
ヨガ・オブ・ボイスティーチャー・
声の学校 ティーチャーレベル‐聖なる音と声のトレーナー
 

阪神淡路大震災後のボランティアをきっかけに、アート表現による癒しの力を実感しアートセラピーに取り組む。
2006年からは「アーツ・コミュニケーション・ラボ」を立ち上げ、アーツセラピーの普及に力を注ぐ中、2008年にジンジャーヒルファーム(ハワイ島)でヨガ・オブ・ボイスに出会い、シルビアを師事する。
2012年の初来日から、毎年シルビアのワークショップをオーガナイズする。サンフランシスコ、インドでのワークショップにも参加し、2015年に日本人ではじめてヨガ・オブ・ボイスサーティフィケートを取得。
また、薬剤師としての経験からも、声やアートの表現は薬の代替となること(Arts as Medicine)、健康に自分らしく生きるための自己変容の道具となることを実感し、ヨガ・オブ・ボイスやアーツセラピーを各所で提供している。




■概要

日時 2019年7月27日(土)14:30-17:30
会場
会場までのアクセス
SESSIONS KOBE 3F(神戸市中央区元町通4丁目4−7)
阪急花隈駅東口 徒歩約3分
JR元町駅西口 徒歩約5分
阪神元町駅 徒歩約5分
Webサイト:http://www.wuta-won.com/contents/shopinfo/sessions-kobe
電話番号:078-360-0567
受講料金 6,000円(当日、受付時にお支払いください)
お申込み こちらのフォームよりお申込みいただけます。
お問合せ スタジオMusehouse メールアドレス:info@musehouse.net 
主催 スタジオMusehouse Webサイト:https://www.shamans-journey.net/
その他
2019年7月26日(金)土田卓氏のライブもございます。
詳細・お申込みは
こちらから
※こちらのワークショップに関するお問合せ・お申込みは直接主催者までお願いいたします。
 


■当法人発行のメールマガジン「ヨガ・オブ・ボイス通信」では、ヨガ・オブ・ボイスに関する情報を発信しています。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではシルビア・ナカッチ来日プログラム、ヨガ・オブ・ボイスに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 


【終了】声の解放 声が自由になるヨガ・オブ・ボイス 2019年7月27日(土)11:00-13:00

■声が自由になるヨガ・オブ・ボイスとは?



グラミー賞候補となったことがある音楽家シルビア・ナカッチ先生により開発されたメソッドで、
歌うことや発声に関する苦手意識を取り除き、その人本来の声が自由に表現されるようになる画期的な声のプログラムです。
 
■声に関する悩みを持つ方
♪声が小さい、聞き取りにくいとよく言われる
♪自分の声が嫌い
♪声を使う仕事だが、すぐに疲れて声が出なくなる
 
 ■音の真髄を学んで実践してみたい方
♪声や音を使ったセラピーやヒーリングに興味がある
♪古来からの音の文化や、音楽を通したコミュニティー作りに興味がある
 
■音楽はもちろん、表現活動をやってらっしゃる方
♪音楽の表現の幅を広げたい
♪即興的な表現ができるようになりたい
 
ヨガ・オブ・ボイスは上記のような方に向けた
声と音に関する、他には無いプログラムです
 
リラックして喉を開くことで、声を自由に出しやすくします。
無理のない自分自身の持つ本来の声に気づいたり、
可能性を広げることができます。
 
声が自由に出ることで、
歌うことはもちろん、他者とのコミュニケションも円滑になります。
即興的な表現を繰り返すことで、創造性が高まっていきます。



■「声の解放」ヨガ・オブ・ボイスワークショップ


声を解放することで
あなたの人生が豊かになる
ヨガ・オブ・ボイス
ワークショップのご案内です。
 
 
 
・人とのコミュニケーションに苦手意識がある
・自分の声があまり好きではない。
・人前で話しをするのが苦手。
・長時間話すをすると、声がかすれたり出にくくなってくる。
・はっきり話しているつもりなのに、聞き取れないとよく言われる。
・いつも緊張しやすい。
・本当は歌が好きだけど、苦手意識が強く歌えない。
 
 
 
など、声やコミュニケーションに関する苦手意識や、
声を出すことに抵抗感をお持ちの方
 
 
 
あるいは、
声の可能性を広げて行きたい方、
声や音によるヒーリングにご関心がおありの方、
 
あなたの「内側に声に触れる」発声法で、
本来のあなたの声を目覚めさせて行きます。
 

声が解放されることで、
考え方や、生き方も自由になって行きます。
 
 
無理のない発声法で、
声が解放されていくプロセスを
ぜひ、一度ご体験ください。
 


■講師紹介

森すみれ

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ 理事
アーツ表現セラピスト
Vox Mundiスクール認定 
ヨガ・オブ・ボイスティーチャー・
声の学校 ティーチャーレベル‐聖なる音と声のトレーナー
 

阪神淡路大震災後のボランティアをきっかけに、アート表現による癒しの力を実感しアートセラピーに取り組む。
2006年からは「アーツ・コミュニケーション・ラボ」を立ち上げ、アーツセラピーの普及に力を注ぐ中、2008年にジンジャーヒルファーム(ハワイ島)でヨガ・オブ・ボイスに出会い、シルビアを師事する。
2012年の初来日から、毎年シルビアのワークショップをオーガナイズする。サンフランシスコ、インドでのワークショップにも参加し、2015年に日本人ではじめてヨガ・オブ・ボイスサーティフィケートを取得。
また、薬剤師としての経験からも、声やアートの表現は薬の代替となること(Arts as Medicine)、健康に自分らしく生きるための自己変容の道具となることを実感し、ヨガ・オブ・ボイスやアーツセラピーを各所で提供している。




■概要

日時 2019年7月27日(土)11:00-13:00(受付開始:10:45-)
会場
会場までのアクセス
SESSIONS KOBE 3F(神戸市中央区元町通4丁目4−7)
受講料金 4,000円(当日、受付時にお支払いください)
お申込み こちらのフォームよりお申込みいただけます。
お問合せ スタジオMusehouse メールアドレス:info@musehouse.net 
主催 スタジオMusehouse Webサイト:https://www.shamans-journey.net/
その他
当日は、動きやすい楽な服装でお越しください。また、床に座ったりしますので、
小さな座布やヨガマットや、バスタオルなどお持ちください。


■当法人発行のメールマガジン「ヨガ・オブ・ボイス通信」では、ヨガ・オブ・ボイスに関する情報をお届けいたします。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではシルビア・ナカッチ来日プログラム、ヨガ・オブ・ボイスに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 


アーツarts でかわる・アーツartsでかえる2019 8月24日(土)11:00-18:30/25日(日)10:00-16:00

■アーツでかわる アーツでかえるとは



神戸市内に事務局を置く任意団体タッチアーツプロジェクトが行なっているイベント名です。

タッチアーツプロジェクトは2012年に発足。
アーツセラピーを学び、実践しながら、
その有意義さを広く社会に伝えていきたいと思っているメンバーから出発し、
現在は、セラピーという範疇にかかわらず、
アート表現を媒体に活動されている方達と共に、プロジェクトを推進しています。
 
アーツセラピーが少しでも多くの方に浸透して、
その有効性が社会で生かされるために、

また、アーツセラピーにまだ触れたことのない方達が、
様々なアーツセラピーのワークショップを体験し、
ご自身の可能性を開いていただく機会を提供するため、
毎年1回兵庫県神戸市内に於いてイベントを開催しています。

 


アーツarts でかわる・アーツartsでかえる2019
HEARTにARTを!-ケアする人のためのケア-
 
それぞれの心の中(ハート)にあるアートを見つけたり、
誰かのハートに繋がるためのアートを紡ぎ出す2日間です。
 
サブテーマ『ケアする人のためのケア』は
お仕事だけでなく、多くの人が家族など身近な誰かをケアする状況にある中で
自分を置き去りにして、ついつい頑張ってしまっていると思います。
 
そんな誰かをケアしている人が、
共感してもらえたり、何かヒントをもらえたり、自分自身を取り戻せたりして、
元気になれる、癒しが生まれる、そんな場作りを目指しています。

 



■概要
 
日時 2019年 8月24日(土) 11:00-18:30・25日(日)10:00-16:00
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO
(〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
内容 マルシェ(おかえるいち)、ワークショップスペース、展示、ステージなどを提供
主催 Touch-artsプロジェクト Webサイト:https://artsdekaeru.jimdo.com/
後援 神戸市
協賛 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
その他  
 

※Touch-artsプロジェクトでは、イベントの趣旨をご理解いただき、ご協力いただけるボランティアスタッフ、マルシェ(おかえるいち)出店者、ワークショップファシリテーター、出展者、ステージ出演者を募集中です。詳しくはTouch-artsプロジェクトまで直接お問合せください。お問合せはこちらから

 



■当法人発行のメールマガジン「ACL通信」からもイベントの詳細などをご案内させていただきます。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

このページのトップへ