カテゴリ

HOME > ACLブログ > アーカイブ > 人間関係

ACLブログ 人間関係

延期・アート・ダイアログ 「職場(社会的組織)におけるダイバーシティ(多様性)  -〇〇さんとうまく仕事をすすめるには-」 5月16日(土)13:30-16:30

このワークショップは新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している状況を受け、参加者や講師の健康と安全を最優先に考慮した結果、やむなく6月以降に延期させていただくことに決定いたしましたので、お知らせいたします。

楽しみにしてくださっていたみなさまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
延期後の日程については改めてお知らせします。

 

■アート・ダイアログ
「職場(社会的組織)におけるダイバーシティ(多様性)
 -〇〇さんとうまく仕事をすすめるには-」


 

「職場の後輩や先輩が
 自分が思うように動いてくれず、業務が遂行できない。」
 
「チームの中にいる困ったちゃんに
 どう対応したらいいのかわからない。」
 
 
チームリーダーは、仕事を進める上で
メンバーの特性を活かせる役割を与え、
最大限の能力を発揮できるようにすることが求められます。
 
 
ですが、
実際にそうするためにはどうすればよいか、
チーム内での人間関係で悩んでいるリーダーも
多いのではないでしょうか。
 
 
あなたは、いいチームをつくりたい、
そして、
同じチームのメンバーもそれぞれに
いいチームをつくりたい、
このプロジェクトを成功させたい、
 
 
そう思っているのに
 
 
みんなが頑張っている中、
 
あり得ないミスを連発しているにも関わらず、それに気づかない人、
社内のルールを守れない人、
何度も同じことを伝えているのに、いつも伝えたこととは違う行動をする人
 
 
この様な「困ったちゃん」がチームにいると
 
 
チームの他のメンバーのやる気が出なくなり、
 
ついには
優秀なメンバーが会社を辞めてしまうこともありますよね。
 
 
そんな時、つい、
 
あの困ったちゃんが変わってくれたら、あるいは、
あの困ったちゃんさえいなくなれば、
などと思ったことはありませんか?
 
そして、そう思った、すぐその後で、
「いやいや、
そんなこと思っちゃいけない、
果たして、リーダーとして
今の自分には、一体、何ができるのか?」
 
ということを考えこみ、
 
困ったちゃんや他のメンバーと、
より良い意思の疎通をはかろうと、
コミュニケーションスキルを学んだり、
 
オープンに話し合う機会をつくったり、
 
その場を取り繕って、表面的に、
相手に合わせようとしたりするかもしれません。
 
ですが
 
そうしたことをすることが、
必ずしも、
人間関係を良くすることができるとは限りません。
 
 
実は、もっと効果のある、
困ったちゃんへの対応の仕方があるんです。
 
 
より効果的な、困ったちゃんへの
対応の仕方を知ることで
 
 
困ったちゃんの良さを引き出し、
最大限の能力を発揮するように導けるようになります。
 
 
そこで、その秘訣をご紹介するために、
 
 
アート・ダイアログ
「職場(社会的組織)におけるダイバーシティ(多様性)
 -○○さんとうまく仕事を進めるには-」の
ワークショップを開催いたします。
 
 
 
講師は、
アーツ表現セラピストの森すみれ先生です。
 
 
森すみれ先生は、
子どもからお年寄りまで対象を選ばず、
多様な方々に、アーツ表現セラピーを実施し、
20年以上の実績をお持ちです。
 
 
森すみれ先生は、
 
 
今起きている問題を解決するためには
まず、その問題の本質を知ることが必要です。
 
 
アートを用いることにより、
その問題の本質を俯瞰的に見ることができます。
 
その結果、チームリーダーの、
「困ったちゃん」への見方が変わり、
その人の良さが自然に見えるようになるはずです。
 
リーダーとして今の自分には、一体、何ができるのか?
に対する答えが自ずと出てくると思います。
と言われました。 
 
 
「アート・ダイアログ」は
アートワークを用いることで、
自分自身の潜在意識に気づくメソッドです。
 
 「アート・ダイアログ」では、
アート表現を通して自分自身と対話することで、
今の自分にとって、最も必要なことに
気付くことができます。
 
 
意識的に、言葉ではうまく表現できないけれど、
どこか心の奥深くで何となくわかっていることや
モヤモヤしていること、
直面するのを避けてしまいがちにしていることなどを、
アート表現をすることで、今のあなたに必要なこととして形を表します。
 
 
 
考えて表現するのではなく、「考えずに表現」する、
その「考えずに表現」したものを、
じっくり見たり、感じたりしながら、
本当は、自分はどう思っているのか、どうしたいのか、
自分にとって何が大切なのか、どんなブロックがあるのか、
感じ取っていただきます。
 
アート・ダイアログでは、毎回テーマを変えて、様々な角度から
アート表現を用いてご自分との対話を試みていただいています。
 
 
アート表現をする、と言っても、
絵が上手、下手など、スキルは全く関係ありませんので、
どうぞお気軽にご参加ください。
 
皆様のご参加をお待ちしております。
 
 
 


■講師紹介
 

森 すみれ
森すみれ アーツ表現セラピスト
 

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ理事 
アーツ表現セラピスト 
 
震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、 子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を創設。 
その後、専門学校等で講師として、色彩心理、カウンセリング、アートセラピーを教える。 
2006年からは「アーツ・コミュニ ケーション・ラボ(研究所)」を立ち上げ、アーツセラピーの研究とその普及にも力を注ぐ。 
声や音、身体を使った表現、メディテーション なども組み合わせ、 独自のメソッドで「自分の枠を超える場」としてのワークショップを提供している。 
神戸を拠点に、講座やワークショップ、各地で宿泊型ワークショップなどを開催。 
 
「アートな毎日」森すみれのブログ:https://musehouse.exblog.jp/
シャーマンズ・ジャーニー:https://www.shamans-journey.net/
 


■概要

日時 2020年 5月16 日(土) 13:30-16:30
会場
スタジオMusehuose(兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ 事務局内)
<アクセスはこちら>
受講料金

11,000円(税込)

※初回割引:当法人主催のワークショップ、講座をはじめて受講される方については 5,500円(税込)

お申込み

今しばらくお待ちください。

主催 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 


■当法人企画のイベントの詳細・募集のご案内は

当法人発行のメールマガジン「ACL通信」から、いち早く情報をお届けいたします。
ご登録はこちらから


・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。

 

 

【募集終了】アート・ダイアログ「パートナーとの関係性におけるダイバーシティ(多様性)  ーパートナーは、なぜ自分の思い通りに動いてくれないの?ー」 3月14日(土)13:30-16:30

■アート・ダイアログ
パートナーとの関係性におけるダイバーシティ(多様性)
 ーパートナーは、なぜ自分の思い通りに動いてくれないの?ー



恋人や夫婦など、パートナーとの関係のなかで
 
「いまいちしっくりと来ない。」
「パートナーが、自分の思うように動いてくれない。」
「どうして、こんな残念な行動をするんだろう。」
「自分のことを十分にわかってくれない。」
 
 
と思うことはありませんか。
 
 
好きになって
お付き合いしたはずなのに
 
本当はもっと良好な関係を築いていきたい
そう思っているのに、
 
 
パートナーとの関係が長続きしない。
 
 
「なぜ、
 私の気持ちを分かってくれないのか…」
 
「パートナーが
 わたしに合わせて
 変わってくれるとよいのに。」
 
「本当に、この人でいいのかな」と
迷ってしまうことってありますよね。
 
「もしかしたら、
 自分にはもっとふさわしいパートナがいるのでは?」
 
 
あるいは、
今のパートナーを理解しようと、
もっとよく話し合えば解決できるのにな。
 
 
といったことを
考える方が多いかもしれません。
 
 
 
頭の中では、
なんとなく解決の糸口が見えているのに
 
パートナーが
あなたの思うように動いてくれないのは
なぜなのでしょうか。
 
 
 
実は
あなたの思うように
パートナーが動いてくれないのは、
 
 
あなたが、
あなた自身のことを知らないからです。
 
 
パートナーのことを理解する前に
まず、あなた自身のことを
見つめることが必要です。
 
 
それによって
あなた自身とパートナーとの違いに
改めて目を向けることができます。
 
 
あなた自身のことに気付くことで、
 
☑あなた自身のことを改めて、深く、良く知ることができます。
☑パートナーに対しても、今まで気づけていなかったところに気づくことができます。
☑その上で、パートナーとの関係性を再認識することができます。
☑パートナーが思い通りに動いてくれない理由がわかります。
 
 
そこで、あなたのことを深く、良く知るきっかけとして
 
アート・ダイアログ
「パートナーとの関係性におけるダイバーシティ(多様性)
 ーパートナーは、なぜ自分の思い通りに動いてくれないの?ー」
ワークショップを企画いたしました。
 
 
 
講師をお願いしたのは
アーツ表現セラピストの森すみれ先生です。
 
 
森すみれ先生は、
子どもからお年寄りまで対象を選ばす
アーツ表現セラピーを実施し20年以上の実績。
 
 
森すみれ先生は、
パートナーが自分の思い通りに動いてくれないのは、
パートナーのせいではありません。
 
パートナーを自分の思い通りに変えるのではなく、
まずは、自分自身のことを知ることが必要と言います。
 
 
自分とパートナーとの違いを知ることで
自分の思い込みにも気づくことができます。
 
 
「アート・ダイアログ」は
アートワークを用いて、潜在意識に気づくメソッドです。
 
 
アート表現を通してあなた自身と対話することで
今のあなたに必要なことを知ることができます。
 
 
意識的に言葉にはできていないけれど、
どこか心の奥深くで何となくわかっていたり、
モヤモヤしていること、直面するのを避けてしまいがちにしていることを
アート表現を用いることで、今のあなたに必要なことが、形を表してきます。
 
 
 
考えて表現するのではなく、「考えずに表現」する「その考えずに表現」された
ものを、じっくり感じたり、動かしたりしながら、
本当は、自分はどうしたいのか、何が大切なのか、どんなブロックがあるのか、
 
そんなこんなを毎回、テーマを変えて、様々な角度から
アートを用いた対話を試みていただきます。
 
 
アートを用いると言っても、
スキルなどは全く関係ありませんので、お気軽にご参加ください。
 
 
 


■講師紹介
森 すみれ

森すみれ アーツ表現セラピスト

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ理事 
アーツ表現セラピスト 
 
震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、 子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を創設。 
その後、専門学校等で講師として、色彩心理、カウンセリング、アートセラピーを教える。 
2006年からは「アーツ・コミュニ ケーション・ラボ(研究所)」を立ち上げ、アーツセラピーの研究とその普及にも力を注ぐ。 
声や音、身体を使った表現、メディテーション なども組み合わせ、 独自のメソッドで「自分の枠を超える場」としてのワークショップを提供している。 
神戸を拠点に、講座やワークショップ、各地で宿泊型ワークショップなどを開催。 
 
「アートな毎日」森すみれのブログ:https://musehouse.exblog.jp/
シャーマンズ・ジャーニー:https://www.shamans-journey.net/
 


■概要

日時 2020年 3月14 日(土) 13:30-16:30
会場
スタジオMusehuose(兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ 事務局内)
<アクセスはこちら>
受講料金

11,000円(税込)

※初回割引:当法人主催のワークショップ、講座をはじめて受講される方については 5,500円(税込)

お申込み

募集を終了いたしました。

主催 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 


■当法人企画のイベントの詳細・募集のご案内は

当法人発行のメールマガジン「ACL通信」から、いち早く情報をお届けいたします。
ご登録はこちらから


・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。

 

 

1

« 仕事 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ