カテゴリ

HOME > ACLブログ > アーカイブ > 2019年6月

ACLブログ 2019年6月

アーツarts でかわる・アーツartsでかえる2019 8月24日(土)11:00-18:30/25日(日)10:00-16:00

■アーツでかわる アーツでかえるとは



神戸市内に事務局を置く任意団体タッチアーツプロジェクトが行なっているイベント名です。

タッチアーツプロジェクトは2012年に発足。
アーツセラピーを学び、実践しながら、
その有意義さを広く社会に伝えていきたいと思っているメンバーから出発し、
現在は、セラピーという範疇にかかわらず、
アート表現を媒体に活動されている方達と共に、プロジェクトを推進しています。
 
アーツセラピーが少しでも多くの方に浸透して、
その有効性が社会で生かされるために、

また、アーツセラピーにまだ触れたことのない方達が、
様々なアーツセラピーのワークショップを体験し、
ご自身の可能性を開いていただく機会を提供するため、
毎年1回兵庫県神戸市内に於いてイベントを開催しています。

 


アーツarts でかわる・アーツartsでかえる2019
HEARTにARTを!-ケアする人のためのケア-
 
それぞれの心の中(ハート)にあるアートを見つけたり、
誰かのハートに繋がるためのアートを紡ぎ出す2日間です。
 
サブテーマ『ケアする人のためのケア』は
お仕事だけでなく、多くの人が家族など身近な誰かをケアする状況にある中で
自分を置き去りにして、ついつい頑張ってしまっていると思います。
 
そんな誰かをケアしている人が、
共感してもらえたり、何かヒントをもらえたり、自分自身を取り戻せたりして、
元気になれる、癒しが生まれる、そんな場作りを目指しています。

 



■概要
 
日時 2019年 8月24日(土) 11:00-18:30・25日(日)10:00-16:00
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO
(〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
内容 マルシェ(おかえるいち)、ワークショップスペース、展示、ステージなどを提供
主催 Touch-artsプロジェクト Webサイト:https://artsdekaeru.jimdo.com/
後援 神戸市
協賛 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
その他  
 

※Touch-artsプロジェクトでは、イベントの趣旨をご理解いただき、ご協力いただけるボランティアスタッフ、マルシェ(おかえるいち)出店者、ワークショップファシリテーター、出展者、ステージ出演者を募集中です。詳しくはTouch-artsプロジェクトまで直接お問合せください。お問合せはこちらから

 



■当法人発行のメールマガジン「ACL通信」からもイベントの詳細などをご案内させていただきます。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

【終了】アート・ダイアログ「画材との対話」 6月22日(土)14:30-16:30

■アート・ダイアログとは



アーツ表現セラピストの森すみれ先生が提供するワークショップです。

アート・ダイアログとは
アート表現(非言語の方法)を通して、
ご自身と対話していく方法です。
 
意識的に言葉にはできていないけれど
どこか心の奥深くで何となくわかっていたり、
モヤモヤしていること、
直面するのを避けてしまいがちにしていること、
 
アート表現を用いることで、
今のあなたに必要なことが、
形を表してきます。
 
考えて表現するのではなく、
「考えずに表現」する
 
「その考えずに表現」されたものを、
じっくり感じたり、動かしたりしながら、
本当は、自分はどうしたいのか、
何が大切なのか、
どんなブロックがあるのか、
 
そんなこんなを
毎回、テーマを変えて、様々な角度から 
アートを用いた対話を試みていただきます。
 
アートを用いると言っても、
スキルなどは全く関係ありませんので、
お気軽にご参加ください。



■第7回「画材との対話」
あなたの中に眠っている 創造的な表現に気づきます。


アート・ダイアログ
第7回は「画材との対話」です。

クレヨン、色鉛筆、パステル、絵の具、ペン・・・
様々な画材がありますが、

描いているそのものに意識を向けていると
描くときの感触はあまり注意を向けることはないかもしれません。

でも、それぞれの画材によって
描くときの感触は違います。

そして、それぞれの描く感触に対して、
体は無意識に反応しているんです。

画材との無意識の対話がじつは行われています。

今回のアートダイアログは、
そんな画材との対話です。

実は、絵を描いているときの発想や、
創造的な表現は
そのような無意識の対話から生まれてきているのです。


■講師紹介

森 すみれ

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ理事
アーツ表現セラピスト

震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、 子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を創設。
その後、専門学校等で講師として、色彩心理、カウンセリング、アートセラピーを教える。
2006年からは「アーツ・コミュニ ケーション・ラボ(研究所)」を立ち上げ、アーツセラピーの研究とその普及にも力を注ぐ。
声や音、身体を使った表現、メディテーション なども組み合わせ、 独自のメソッドで「自分の枠を超える場」としてのワークショップを提供している。
神戸を拠点に、講座やワークショップ、各地で宿泊型ワークショップなどを開催。

「アートな毎日」森すみれのブログ:https://musehouse.exblog.jp/
シャーマンズ・ジャーニー:https://www.shamans-journey.net/



■概要

日時 2019年 6月22日(土) 14:30-16:30
会場

スタジオMusehuose

(兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A)

受講料金 6,480円(税込)
※初回割引:3,240円(税込) 
当法人企画のイベント、ワークショップ、講座への参加が全くはじめての方に限ります。 
お申込み (応募人数に達したため、募集を締め切らせていただきました。)
主催 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
 


■次回の詳細・募集のご案内は当法人発行のメールマガジン「ACL通信」から、いち早く情報をお届けいたします。
ご登録はこちらから

・メールマガジンへのご登録は無料です。
・メールマガジンではアーツコミュニケーションに関する講座やワークショップのご案内、アーツコミュニケーションに関する情報をお届けしています。
・メールマガジンご登録後、ご案内が不要な場合はお客様ご自身で解除の手続きが可能です。
 
 

1

« 2019年5月 | メインページ | アーカイブ | 2019年7月 »

このページのトップへ